大学に進学して車の免許を最近取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に友達と遠出を考えているならぜひETCカードを使いましょう。

ここではETCカードの入手方法について解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

各カード会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

特別な理由がなければクレカタイプで作成しましょう。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規カードの申し込み時に一緒に申請でき、すでにクレカを持っている場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは最低4万円の保証料を預ける必要があります。

高速道路を利用するときに便利なETC走行ですがカードの選択肢が多くて選びにくいですよね。

ここではおすすめのカードをいくつか挙げておきます。

発行手数料、年会費どちらも無料となっているのがライフカードです。

ライフカードでは誕生月のポイント還元率が通常の3倍になったり、対応している国際ブランドがVISA、JCB、MasterCardから好きなものを選択できます。

2つ目に紹介するのは日本人なら誰もが知っている楽天カードです。

クレカは年会費無料ですがETCカードの方は540円の年会費が発生します。

年会費を機にする方もいると思いますが楽天カードはポイント還元率がよくエネオスなどでガソリン給油時にもポイント還元があります。

高速道路などの有料道を利用するときなどに割引が使えたり一般レーンと比べて料金所渋滞に引っかかりづらくお得なETCカードですが高速道路を使わない時のカードの取り扱いを皆さんはどうしていますか?インターネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

挿しっぱなしの人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのがいやだ」、「もし盗難されてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードに変えようと思ったら認識エラーが頻繁に起こるようになってしまったという方や車検時やレンタカーで挿したままだったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときだけ入れて使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

高速道路の料金を自動で引き落としてくれるETC無線通行ですがネットで調べ物をしていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油はできますか?」という質問です。

答えとしては、基本的には不可能になっています。

なぜ「基本的」に不可能かと言うと、クレカ機能付きの一部ETCカードの場合は給油できるからです。

では、どこで申し込めばクレカ機能も付いたカードが発行されるのでしょう。

出光やコスモ石油をはじめとしたガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用ができるので管理が楽ですが高速道路を走っていて休憩でよったサービスエリアでクレカ決済をしようとすると毎回車載器から抜かなければ使えないという少し面倒な面もあります。

皆さんは高速道路を走行する時にETCカードを使っていますか?もし利用していないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している道路の利用料が3割引になるんです。

他にも休日割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、割引適用外区間でほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方は現在お持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうか新規でクレカを申し込む際に一緒に発行してもらいましょう。

ETCカードを利用して高速道路の出口を通る際、車載器の故障などがなければETCレーンの無線機と車載器で通信が行われゲートが開きます。

万が一出口でトラブルが発生してしまった場合、どうしたらよいのでしょうか。

もしエラーが発生したら車載器からエラーの警告音が出ます。

ETCレーンが故障していたとしてもゲートのバーには「STOP」の表示のみが出て、バーも上がりません。

バーが上がらなかった時のためにETCレーンに減速しながら入っていくことになっています。

バーに接触しないように車を停めましょう。

その際、焦って車外に出ないようにしましょう、事故につながります。

バーの手前にインターホンがあるので係員の指示に従うようにしましょう。

多くの場合、スタッフに直接カードを渡して精算になりますがETC割引は適用されるので安心してください。

皆さんはETC カードを選ぶ際にどういった部分を重視してカードを申し込みましたか?現在手元にあるクレカ発行元に追加で発行申し込みをしている方や発行手数料や年会費を気にして作った方もいると思います。

ここではまだETCカードを所持していない方に向けて他の方が作ったときにどのポイントを見て申し込んだのかを調べてみました。

高速の利用頻度が少ない方は年会費や更新費無料のカード、利用頻度の多い方はポイント還元率を重視して選ぶようです。

年会費がかからないカードの中でも一部店舗でのポイント還元率が高くなっていることや事業用と私用でカードを分けるために複数枚作る方もいるようです。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを使っていると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

なぜこんなに利用率が高いのか検索してみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が適用されて一般レーンを使うより安価でお得という理由がありました。

例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは普通車料金が一般レーンでは3090円なのに対してETC無線通行の利用では800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカの特典次第ではガソリン給油時の割引がついているカードもあります。

大学進学や新社会人になり生活環境が変わり車の免許を取って遠出をしたいと考えている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でもどこで作れるの?といった質問も散見されます。

ここではETCカードの作り方について解説します。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして取得するものになります。

ネクスコ東日本などの高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

もし持っているクレカがETC対応なら追加発行の申し込み、対応していなければ新しくクレカを申し込みしてその際に一緒にETCを申し込みしましょう。

車の免許を取って間もない方の中にはETCカードを持っていないから家族からカードを借りてくる。

という学生の話を聞きます。

技術的・仕組み的には他人名義のカードも問題なく利用はできますが別の面で問題があるので家族・友人間でもカードの貸し借りは行わないでください。

なぜかというと、カードの利用規約を見ると本人以外の利用が禁じられているからです。

少し詳しく書くとETC利用もクレカと同様にカード会社が一時的に利用料金を立て替えてカード会員の口座から後日引き落とすという形をとっています。

この支払方法はカードの名義人1人のみに対してカード会社が信用しているからこそ成り立っています。

名義人以外の信用関係が成り立っていない第三者が利用しているのは厳密には規約違反となりカードが使えなくなる可能性を含んだ行為になります。

高速道路の料金所で専用レーンを通過できて便利なETCカードですが少しわからないことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

結果から言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに設置することになる「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が少ないので取り付けが比較的楽になることがありますが、ETC通信の誤作動防止のためにハンドル周りに設置することになり操作性が少し下がってしまうことや盗まれやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目も小さくなり、カードリーダーをシート下にしまうため防犯性が高い反面、一体式車載器に比べ価格が高いことや配線が多くなるデメリットがあります。

ETCカードを挿しっぱなしにしていたら盗難された、失くしてしまった場合、パニックになってしまうと思いますが一度落ち着いてしかるべき場所に連絡をしましょう。

仮に盗まれたのではなく紛失だったとしても絶対に警察へ紛失届けを出してください。

届け出後の対応はカードの発行元によって変わりネクスコなどの高速道路事業会社が発行しているカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

事務局へ連絡できる時間は曜日が限定されているので連絡する時間に気をつけてください。

クレカ会社発行の場合は発行元のクレカ会社への連絡になります。

カード会社によって停止・再発行までの違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付のフリーダイヤルに電話をすると解決します。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言うアドバイスを聞くことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と感じる方もいると思いますが学生はクレカの審査基準が少し緩く設定されているので社会人になってカードが必要になる前に申し込みをしましょう。

また、審査基準が緩く設定されている以外にもポイント還元率のアップや最短で26歳まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップするなどのメリットもあります。

その際、車に乗られる方はETCカードの申し込みも同時に申請しておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済し続けることでカード会社が利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを増やすことで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

ガソリンスタンドでは現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを作ろうと思って検索したところ作るカードの種類によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時のポイント還元率が2倍になるなどの様々な特典がつくカードもあるようです。

例を挙げると、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍貯まり支払い時に貯まったポイントの利用もできるそうなので仕事や通勤などでよく車を利用される方や高速道路を使う方は給油特典があるカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので申し込む際はいろいろ調べてみてください。

買い物の支払いなどの場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードを使って高速道路を無線走行しているだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例として楽天カードを利用した時にスーパーポイントが利用額に応じて還元されますがETC利用でも同様にポイントが付与されます。

還元率に関しては楽天カードのようにETCでも同率で付与されるカードもありますが、大半はETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

最近では少なくなっていますが、ポイント付与の対象外のカードもあるようなので高速道路をよく利用する方は還元率の面から選ぶのもいいかもしれません。

関連ページ